サラの日記732<最終話>(銀菓神局附属大学 花綵(はなづな)キャンパスで、学部と大学院合わせての入学始業式が行われました。)

銀菓神暦2017年4月7日

銀菓神局附属大学 花綵(はなづな)キャンパスで、学部と大学院合わせての入学始業式が行われました。

モンテ学長の、「新任で学部非常勤講師の、銀菓神使アロゼ先生です」という紹介とともに壇上に立ちました。
ほとんどの人たちが拍手で迎えてくださる中、一人、私の方に向かって大きく手を振っている人がいます。
気になって目を凝らすと、研究生に成り立ての、私の一番弟子、ナナちゃんでした。

入学始業式が終わって、控室に戻ろうとしていると、「アロゼ先生、待ってーっ!」とナナちゃんが走って来ました。
「ねえ、アロゼ先生。アロゼ先生は院には教えに来ないの?」
「院?」
「はい! 私、アロゼ先生にみてもらいたいから」
「そうねぇ……。銀菓神局かモンテ学長から辞令をいただかない限りは行かないかな……」
「そっかぁ……。じゃあ、私が学部に行くのは? それなら大丈夫ですよね? あ、もちろん、アロゼ先生のご都合にあわせます!」
「いいわよ。でも、所属研究室の先生に許可は取っておいてね」
「はい! それなら絶対大丈夫です! 所属、メランジェ先生のところだから!」
「フフッ……」
「えっ? なんで? どうして笑うの? アロゼ先生」
「……そうねぇ。どうしてかなぁ……」
「えっ? どうして、どうして?」
「どうしてなのかは、……自分で見つけるのよ、ナナちゃんが。これからじっくり二年掛けて」
「はぁーい」

<ねえ、ミシェル? 私、なんとなく思ってるの。今の私そのものが、ミシェルが手回ししておいてくれた仕掛け。……そうでしょ?>

今日も雪の花が、桜の花びらに交じって元気よく舞っています。


★★★★★★★★

『銀菓神使アロゼ~アロゼ誕生前の物語~サラの日記』 完