スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラの日記663(そして、今日のルセット先生も、鋭くて冷たい。)

銀菓神暦2017年1月28日

ルセット先生は、「今日も城でおとなしくしていろ」と言い残して出掛けて行かれました。
はっきりとは言われていないのだけれど、これは自宅謹慎です。
そして、今日のルセット先生も、鋭くて冷たい。

いつもなら忙しくしているはずの時間を、一人でおとなしくしていろだなんて、今の私には無理な話です。
一人で居ると、頭の中はどんどん不安でいっぱいになっていくばかりです。
ウィルさんやマリーさんの目を盗んで、カリンさんの所へ行きました。

研究室から帰って来られたルセット先生は、いきなり私を怒鳴りつけられました。
「どうして おとなしくしていられないっ!」
それから、バタンと大きな音を立ててドアを閉め、どこかに行ってしまわれました。

心臓がどきどきして、息が苦しくなって、手足が冷たくなっていくのを感じました。
とっさに緊急用鳥居を手刀で描いてくぐった先は、実家の地下に増築した新しい部屋でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。