スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラの日記658(「遠くはないよ。あそこに見えてる」)

銀菓神暦2017年1月23日

夕方、私がカリンさんのところから帰って来るのを見計らったかのようなタイミングで、ルセット先生から通信がありました。
<サラ。無理はするな>
<……えっ?>
<なんだか知らないけど、難しいことに取り組んでるんじゃないのか?>
<ん、うん……>
<手が空いたら屋上においで>
<……うん。もう空いてるから行ってもいい?>

ルセット先生は南西の空を指差されました。
「遠くはないよ。あそこに見えてる」
ルセット先生が指差されたのは火星でした。
「あのね、ミシェル」
カリンさんとのことを打ち明けてしまおうと口を開きました。
でも、ルセット先生はそのことを知ってか知らずか、私の言葉をさえぎるようにこう言われました。
「遠くはないよ。よーく目を凝らせば手を振ってるのが見えるかもしれない」
それから、少し照れくさそうに笑われました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。