サラの日記641(「いえ! いいんです……。私のわがままだから……」)

銀菓神暦2017年1月6日

ルセット先生と目が合う度にどきどきしました。
私がカリンさんにある依頼をしたことが、ばれてしまわないかと。

ルセット先生の目を盗んで、カリンさんのところに行きました。
カリンさんは心配してくださいました。
「このこと、ルセット先生には話さなくていいんですか? サラさんから話しにくいのなら、私が」
「いえ! いいんです……。私のわがままだから……」
カリンさんはほんの少し微笑んで、それ以上は追い詰めずにいてくださいました。

心のどこかで、
一番託してはいけない、頼ったら負けだと思っていた人なのに、
ルセット先生には打ち明けられない心を、こんなにも素直に開くことができるのはなぜでしょう。