スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラの日記637(「何やってんだよ兄貴」)

銀菓神暦2017年1月2日

銀菓神社のお手伝いが終わりました。
いよいよ提出期限が迫った研究論文の仕上げに取り組んでいます。
少し休憩したいなと思った丁度良いタイミングで、ジャックさんが、マリーさんと一緒にお茶のセットが載ったワゴンを引いて、私たちの部屋に来てくれました。
今日のお茶は、二日間の銀菓神社のお手伝いで冷え切った身体にとっても優しい、カリンシロップのお茶です。
ルセット先生がぽつりと言われたのが、いえ、思われたのが聞こえました。
<カリンかぁ……。どうしてるかな>
<会いに……行く?>
私がそう応えたことにびっくりされたルセット先生は、その勢いでお茶をこぼされました。
「熱っ!」
「何やってんだよ兄貴」
ジャックさんはお茶を被ったルセット先生の左手に手をかざしました。赤くなっていたルセット先生の手が、みるみる治まっていきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。