スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラの日記619(使いこなせなくなってる?)

銀菓神暦2016年12月15日

メランジェ製菓室で、シロップを炊くためにお鍋に向かっていたら、いつの間にか汗をかいていました。
――あー、暑い……――
と思って、冷たいお茶を飲もうとしているところへ、タツキちゃんが入ってきました。
「やだ、サラちゃん。今日みたいな日にそんなに冷たいの飲んで……」
タツキちゃんの目は真ん丸です。
「だって暑いんだもん」
私がそう言いながらお茶を飲んでいると、タツキちゃんが訊きました。
「スーツは? 銀菓神使スーツは着装してた?」
「うん、してたよ。もちろん……。えっ! あっ!」
「でしょ? おかしいでしょ? サラちゃん、着装状態で暑くなるなんて……」

――私、銀菓神使スーツを使いこなせなくなってる?――
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。