スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラの日記582(モンテ学長に話しに行く前に、)

銀菓神暦2016年11月8日

もう迷っていません。多分。
明日からの留守神の仕事に集中するためにも、今日、きっぱりと決着をつけておこうと思いました。

モンテ学長に話しに行く前に、メランジェ先生に報告しました。
「昨日の話なんですけど……」
それだけ言ったところで、メランジェ先生はもう話が全部分かったかのような表情で、にこにことうなずいて、こう言われました。
「よく決心されましたね。よろしくお願いしますね、アロゼ先生。学部の先生達が腕利きだと、私たちはゆとりをもって仕事ができますよ。院で一から教え直すのは大変ですからね」
「え、あの……」
「一緒に行きますか? 学長室」
「あ、はい……」

いつもこうです。
最後の一歩はメランジェ先生にうまく丸め込まれます。
でも、嫌な感じはしません。
丸め込む前に、自分でしっかり悩めるだけの十分な時間をくださるから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。