サラの日記551(少しだけ闇の波動を出しながら触れた方が)

銀菓神暦2016年10月9日

もう、あれこれ心配したり悩んだりするのはやめました。多分……。
今の私にできることは、ただ目の前のことを精一杯やっていくだけです。

というわけで、来月の銀菓神社の留守番の準備と、銀菓宝果(ぎんがほうか)の管理をひとりでできるようになることを中心に動き始めてみることにしました。

来月の銀菓神社の留守番は、仮称号だった去年のようにはいきません。
まだ研究生ではあるけれど、正式に銀菓神使の称号をいただいた以上、それなりの仕事はこなさなければなりません。

今日はルセット先生に付き添っていただいて、銀菓宝果の管理の基本を復習しました。
銀菓宝果。少しだけ闇の波動を出しながら触れた方が楽なのはどうしてなんだろう……。