サラの日記543(この仕事、もっとじっくりやりたい)

銀菓神暦2016年9月30日

学部での教育実習最終日。
何か最終日にふさわしいことをと頭の中では色々考えていたけれど、結局何もできないままに終わってしまいました。
あっと言う間の二週間。あっと言う間の一日でした。
――この仕事、もっとじっくりやりたい――
そう思いました。

二週間の教育実習のレポートに取り組み始めました。
この教育実習も、修得単位の一部に加えてもらえるそうです。

――あれっ?――と思って耳をすましました。
遠くに、かすかに、カリンさん笛の音が聞こえます。
でも、今日の音色は明らかに、私へのメッセージではありません。
カリンさんの、心がうたっています。