サラの日記530(耳に聞こえてくるのではなく、交信の時のような感じです。)

銀菓神暦2016年9月17日

今日もメランジェ先生に模擬授業の相手をしていただきました。
「緊張しなくていいですからね」
メランジェ先生の言葉に、ゆっくり気分を落ち着けてから始められました。

模擬授業を終えて、一人でまとめをやっていると、ルセット先生の木べらギターの音が聞こえてきました。
耳に聞こえてくるのではなく、交信の時のような感じです。
その音の波動に、青紫の光の粒を感じます。
手元にあった光の西瀬忍を取り出して、その音を重ねます。
そばに居るわけではないのに、一緒に演奏しているような感覚です。

<上手だね。どうやって覚えたの?>
木べらギターの音色と一緒に、ルセット先生の声も感じます。
<今初めて。楽しそうだからやってみたくなって>
<カリンも呼ぼう>
ルセット先生の意識の一部が、カリンさんに向かっているのを感じます。
私も、意識の一部をカリンさんに向かわせます。
カリンさんからの返事はありません。
でも、嫌な感覚ではありません。