スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラの日記50(これでルセット先生も共犯者です!)

銀菓神暦2015年5月26日

植物館の草むしりをしました。
菓子の材料にする植物を育てることも銀菓神使の仕事です。

特に、菓子の起源である橘(たちばな)(現在のミカンの原種)を育てることは一番大切な仕事です。
橘は元々は四次元時空間の植物なのですが、
銀菓神や銀菓神使たちによって五次元時空間で育てられたものが銀菓宝果(ぎんがほうか)と呼ばれています。
絶やしてはならないものなのですが、残念ながら絶滅危惧種です。
銀菓宝果が植えられている一画は異次元時空間ゲートに繋がっていて、不定期に場所の移動が行われているそうです。
許可された一部の銀菓神使にしかその詳細は知らされないことになっています。
時々、そのゲートが私たちの大学の植物館に繋がるらしいのですが、一人前になるまでは、それ以上のことは教えてもらえません。

で、草むしりをするのですが、本当は自生している雑草を眺めているのが好きです。
のびのびしていて気持ちよさそう。
自分の領域ではない場所でぐんぐん育っているたくましさも何かいいな……。
だけどやっぱり、育てているものと そうではないものは区別される。

メランジェ先生には内緒で、雑草だけのコーナーをこっそり作っちゃいました。
多分、メランジェ研究室のみんなも気付いていない。
何か面白ーい。
どんなのが育つんだろう。
草むしりされちゃったら嫌なので、
取り敢えず「自生種」って書いた立札を刺しておきました。
でも、育ってるのが雑草だってバレたら叱られるかなぁ。

放課後、ちゃんとそのままになっているかどうか心配で見に行ってみたら、
ルセット先生も植物館にいらっしゃいました。
立札を見て、「これは何を植えたの?」って聞かれたので、
メランジェ先生には内緒の雑草コーナーだと話してみました。
叱られなかったし、注意もされなかった。
にこにこ笑って見てくれました。
これでルセット先生も共犯者です!
『サラは強力な味方を手に入れた!』(ゲーム風)なんちゃって。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。