スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラの日記503(職務上、一緒に試験会場には入れないルセット先生は、)

銀菓神暦2016年8月21日

「じゃあ、ここで」
職務上、一緒に試験会場には入れないルセット先生は、銀菓神局本部の正門まで見送ってくださいました。
「うん」
そこへタツキちゃんが駆けてきました。
「おはようございます、ルセット先生。おはよう、サラちゃん」
私とタツキちゃんが合流したのを見届けたルセット先生は、安心した表情で城に戻っていかれました。

試験が終わって城に戻ると、ジャックさんとゾエさんが来ていました。
先月、私とタツキちゃんよりも一足先に受験した、称号試験合格の報告です。
銀菓神使エルブと銀菓神使ルヴィーブルの誕生です。

私の試験のこと、ルセット先生にゆっくり報告したかったのに、今夜はこの二人のお祝いで終わってしまいそうです。
でも良かった。おめでとう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。