スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラの日記502(大丈夫。かえって光栄よ。)

銀菓神暦2016年8月20日

銀菓神使称号試験はいよいよ明日。
銀菓神使スーツを着装して、最終点検をしました。
私の着装した姿をじっと見ていたルセット先生が、ゆっくりと私の首元に手を伸ばされました。
「サラにも出ちゃったね」
「えっ? 何が?」
ステンレスの壁に自分の姿を映してみます。
以前はカシスピンク一色だった首元が、白とのマーブルになっています。

「大丈夫。かえって光栄よ。ミシェルのおかげで、光と闇の両方の力を使えるようになった。ミシェルとお揃いだし」
私は着装を解除して、ルセット先生に笑い掛けました。
笑い返してくださったルセット先生の瞳には、今日も小さな青紫の光が舞っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。