サラの日記494(季節の流れが、四次元時空間よりもずっと穏やかです。)

銀菓神暦2016年8月12日

暑い日が続いています。生まれたのが五次元時空間で良かったと思います。季節の流れが、四次元時空間よりもずっと穏やかです。
が、今日はひとりで四次元時空間に出掛けてきました。色々な季節の条件下での過ごし方を心得ておくことも、銀菓神使に必要なことです。
花綵(はなづな)キャンパス の四次元時空間施設で、日差しの強さを楽しみながら、ケンジさんの失敗作らしきものを手直しした笛を吹いたりしていました。
一時間もするとへとへとでした。

五次元時空間のキャンパスにもどって、メランジェ研究室で涼みました。身体は熱いのに、頭から血の気が引いていきそうです。
「おやおや、日に当たり過ぎたんじゃないですか?」
メランジェ先生はそう言いながら、冷たいハーブティーを淹れてくださいました。
メランジェ先生がいらっしゃる前で、こんなに疲れ切った自分をさらけ出したのは初めてです。
本当に、きちんとはしていられない程疲れました。