サラの日記473(「高等銀菓神装」の期末試験です。)

銀菓神暦2016年7月22日

「高等銀菓神装」の期末試験です。
規程着装と自由着装の実技試験でした。
これは一般的な研究生生活を送っていればみんな合格できるんじゃないかな。
規程着装ができないと製菓室での作業はできないし、私の場合、特殊着装ができないと、着装状態で笛は吹けない。

問題は、明日の「銀菓神祭式行事作法」かな……。
筆記試験だけど、実際にできるだけの知識が無いと難しいんじゃないかな……って心配しています。
――私、こういう型にはまったこと、苦手だなぁ――

図書館で「銀菓神祭式行事作法」の教科書を開きました。
教科書は難しいし、昨日までの色んなことが頭を駆け巡って行くのも手伝って、眠くて眠くて仕方ありません。

<ちゃんとやってる?>
ルセット先生からの定時交信です。
こんなこともあろうかと、「十五時になったら交信して」とお願いしておきました。
<うーん……。ありがとう。眠かったぁ……>
<お茶にする? 研究室においで>
<はーい>