スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラの日記439(「そういうことに使ってはいけない!」)

銀菓神暦2016年6月18日

「やめなさいっ!」
背後で、ルセット先生の叫び声が聞こえました。びっくりして振り返ると、ルセット先生の手のひらから術封じの赤黒い光が出ていて、その光に当たったらしいツグミさんが倒れていました。
「そういうことに使ってはいけない!」
ルセット先生はツグミさんに向けて術封じを続けられています。
「私には、こういうことしかできないんです!」
ツグミさんは鋭い目つきでルセット先生をにらみつけています。
「そうじゃないことを教えたはずだ!」
「できません!」
ツグミさんがそう叫んだところで、ルセット先生は術封じの手を下ろされました。
ツグミさんは泣きじゃくっています。
「サラさんが……。サラさんが……。私の……私の欲しいものを全部取っていってしまう……」

<サラ。教官の仕事だ。少しはずしてくれ>
<はい>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。