スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラの日記433(「本来、こういうのが僕たちの仕事のはずなんだ……」)

銀菓神暦2016年6月12日

研究室はお休み。
実家の、菓子工房ミヤマエで一日過ごしました。
ルセット先生も一緒です。

「本来、こういうのが僕たちの仕事のはずなんだ……」
ルセット先生がぽつりともらされました。
「うん。……回り道ばっかりしちゃってる」

母がハーブティーを淹れてくれました。
「さ、これを飲んで、そのうっとうしいのを吹き飛ばしてちょうだい。せっかくいい材料を仕入れても、あなたたちのせいで台無しになってしまうわ。ね、お父さん?」
母は父にもハーブティーの入ったカップを手渡しました。

ジャックさんが淹れてくれるハーブティーとは違った優しさを感じます。
銀菓神使とは違う、一般人だからこその風味を感じます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。