サラの日記432(光のようにも見え、闇のようにも見えます。)

銀菓神暦2016年6月11日

頭の中の大半を占めているのは、どうしたらこっそりエマルション先生に近付けるかということです。
授業の合間、研究の合間に1年生の棟の周りをうろうろしています。
でもやっぱり、ずっと誰かに見張られているような感じがして、思うようにうごけません。
今日はエマルション先生のことは諦めて、メランジェ先生の力の欠片を分析してみることにしました。
分析……と言っても、何からどう手を付けていいのかわかりません。
ただただ観察してみただけです。
ケンジさんからいただいた、銀菓神使ミエットの力を使って観察しました。
メランジェ先生の力は、光のようにも見え、闇のようにも見えます。
何かのヒントにできそうな気配は感じますが、何をヒントにしていいのかは分かりません。
メランジェ先生の力を観察してみたことによって、エマルション先生の力を観察してみたいという気持ちは一層大きくなりました。