サラの日記430(根拠のない手応えを)

銀菓神暦2016年6月9日

メランジェ先生とエマルション先生の研究に関する資料の中から、闇の波動と癒しのアロゼを混ぜるヒントを探しています。
でも、銀菓神使の力って、公(おおやけ)のデータにはなっていないものの方が多いんです。
資料として公開されているものは、授業のテキストにもあるようなものばかり。

だけど不思議なもので、闇の波動と癒しのアロゼを混ぜることばかりを考えていると、自然とヒントに導かれていくようです。
偶然、メランジェ先生の力の欠片が拾えてしまいました。
量が少な過ぎて分析するには至りませんが、それでも、根拠のない手応えを感じることができました。

エマルション先生の力の欠片も少し拝借することができれば、何かがつかめるかもしれません。