スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラの日記387(鳥居の中に落とし物してきただけなら、それも有りかな……。)

銀菓神暦2016年4月27日

「ねえ。……天戸(あまと)に連れてって」
私がそう言うと、ルセット先生は、読んでいた本からゆっくりと顔を上げられました。
「天戸に?」
「うん。まだ鳥居の中にルセットの力が漂っているかもしれないから……。アロゼの力と、ケンジさんに分けてもらったミエットの力を使えば、鳥居の中に漂っているルセットの力を集め直すことができるかもしれない」
ルセット先生は視線をもう一度本の方に下げて、しばらく考え込まれていました。

「……鳥居の中に落とし物してきただけなら、それも有りかな……。でも、違う気がするんだ。力を落としたんじゃなくて、力が麻痺してる……」
「だったら尚更その鳥居を調べなきゃ。力が麻痺した原因が分かれば、取り戻す方法も見付かるかもしれない」
私の言葉に、ルセット先生は、またしばらく黙り込まれました。

「鳥居の安定が確認されたら……」
ルセット先生は、ゆっくりそう言いながら私の目を覗き込まれました。
私は微笑みながら、首を縦に振りました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。