スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラの日記385(<う、……うん。進化したみたいでいいんじゃない?>)

銀菓神暦2016年4月25日

ルセット先生が鳥居を使わずに、何日も掛けて天戸(あまと)から帰って来たこと。構内の鳥居は未だ(いまだ)使用禁止中だから、その本当の理由を疑う人はいませんでした。

早速ルセット先生から、助けを求める交信がありました。
<サラ? 着装、手伝ってくれないかな。製菓室に入れないんだ>
でも、ちょっと意地悪してみたくもなったり……。
<えーっ。着装せずに入ってる時もあるじゃない……>
<そんなこと言わないでよ。新入生に悪い手本を見せられないだろ?>
<大丈夫よ。こっちの棟には新入生は来ないわよ>
<……>
ルセット先生が黙り込んでしまいました。
私の頭の中に、ツグミさんのことがよぎります。

<分かった。今、同期させるから、ちゃんと受けてね>
<うん……>

しばらくして、再びルセット先生から。
<着装はできたんだけどさ……>
<うん。ん?>
<首元だけ、アロゼなんだ……>
ルセット先生はイメージを送ってこられました。
ルセット先生の銀菓神使スーツは黒が基調。でも、首元だけ白になっちゃっていました。

<どう思う?>
ルセット先生の神妙な声。
<う、……うん。進化したみたいでいいんじゃない?>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。