スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラの日記33(ここは私が自然にはまってしまう場所です。)

銀菓神暦2015年5月9日

どこにも入れないと思っていました。
でも、メランジェ先生の研究室のみんなに出会って、
どこにも入れないのではなく、入りやすい場所が見付からなかっただけだと思えるようになりました。
仲間がいます。
おしゃべりできるとか できないとか、そんな小さなことではなくて、
もっと大きな感覚で、
独りじゃない感じがします。
無理に入り込むのではなくて、自然にすっぽりはまってしまう場所があります。
悩んだけど、苦しかったけど、メランジェ先生の研究室に行くことになって良かったと思います。
ここは私が自然にはまってしまう場所です。

ルセット先生にも、メランジェ先生の研究室でアロゼの称号を目指すと報告しました。
報告する必要があったのかどうか分かりませんが、
ルセット先生に何か話したかったから。
今日のルセット先生は、自分の仕事観など、ちょっと深い所までお話ししてくださいました。
穏やかで、温かだった。
講義の時は厳しくて冷たい感じなのに、
講義以外の時は穏やかで温かい感じがするのが不思議です。
ルセット先生には悟られないように、きちんと真面目に伺っていましたが、昨日よりも大好きです。
うっかり瞳を覗き込んでしまいます。
もっともっと長い時間お話を聞いていたかったけれど、
うまく会話をつなげられずに終わってしまいました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。