サラの日記270(ミカンの作業には邪魔だった銀菓神使スーツですが、 屋外での徹夜での仕事には、これ以上ないほど快適でした。)

銀菓神暦2016年1月1日

年が明けました。
気の早い話だけど、
1年後の今頃には「仮」の取れた銀菓神使になれているのかな……なんてことを思ってしまいます。
それから、もっとしっかりした立場でルセット先生のそばに居られるようになっているのかな……なんて。

ミカンの作業には邪魔だった銀菓神使スーツですが、
屋外での徹夜での仕事には、これ以上ないほど快適でした。
全然寒くなかった。
このことは仮称号試験の前に体験した「月行き」で経験しているはずなんだけど、
あの時は「1人で月!」っていう衝撃が強過ぎて、銀菓神使スーツのことなんか じっくり考えている余裕はありませんでした。
それと、どうしても眠い時、ちょっとだけ居眠りしちゃっても ばれない。
私は やっていないけど。
多分。

ジャックさんとゾエさんは まだ来ていないみたい。
お昼から夕方まで休憩です。
この間に来てくれたら、少しは相手ができるのだけど……。
ルセット先生は仮眠を取られています。
私もそうしようかな。
銀菓神使スーツの中で居眠りすることのないように。