サラの日記25(急によそよそしくなったような気がします。)

銀菓神暦2015年5月1日

メランジェ先生のところへ行ってきました。
アロゼの称号に関心があることをお話しして、
アロゼの称号を持つ人の役目についてうかがってきました。
メランジェ先生とそういうお話をしているってことをルセット先生にも聞いていただきました。

でも、ちょっと後悔しています。
ルセット先生、折角打ち解けてお話しできそうな感じになってきていたのに、急によそよそしくなったような気がします。
メランジェ先生のところでアロゼの称号を目指すということは、やっぱりそういうことなのでしょうか。

放課後、製菓室に絞りの練習に行きました。
ルセット先生が戸締りに来られるまで残っていましたが、
先生、いつもより冷たい感じがして、顔を合わせ辛かったです。
何も話せないまま製菓室を出ました。

やっぱり、ルセット先生のところで ほかの称号を目指した方がいいのでしょうか。
何も考えずに、素直にルセット先生のところに居れば きっと幸せなのに。
ルセット先生、私がルセット先生を避けていると思われてしまったでしょうか。
そうじゃないのに。
思っていることと やっていることが支離滅裂で、もう どうしていいのか分かりません。

メランジェ先生のところへ行ったこと、
アロゼの称号についてうかがったこと、
全部無かったことにしたい。

やっぱりルセット先生のところに居たいです。
明日、メランジェ先生に断りの話をしてきます。