サラの日記242(私たちの生まれた5次元時空間にはサンタクロースという人は居ない。)

銀菓神暦2015年12月4日

4次元時空間のクリスマス・イヴ(クリスマスの前の晩)には、サンタクロースという人が世界中の子どもたちにプレゼントを配るらしい。
私たちの生まれた5次元時空間にはサンタクロースという人は居ない。

けど……、
ルセット先生に聞かれました。
「クリスマスプレゼントは何がいい? 本当は西瀬忍をクリスマスプレゼントにしようと思っていたんだけど、先に出番が来ちゃったからね……」
「えっ? ありがとう。西瀬忍、クリスマスプレゼントだったんだ……」
西瀬忍がクリスマスプレゼント。この時代に生まれて初めての……。
そう思うと、もうそれだけで十分で、心臓がどきどきしていました。
でも、ルセット先生はもう1度聞いてくださいました。
「うん。で、何がいい?」
じゃあ、そんなに聞いてくれるなら……。
「……サンタクロースさんに会ってみたい。4次元時空間の」
一瞬、ルセット先生の目が点になりました。
予想外のリクエストだったのかな?
でも、
「……ん。じゃあ、4次元時空間の支援の合間に捜しに行こうか。サンタクロース」
って、話に乗ってくださいました。
「うん!」