サラの日記236(ルセット先生が留守神の仕事から帰って来られました。)

銀菓神暦2015年11月28日

夕方、ルセット先生が留守神の仕事から帰って来られました。
ルセット先生の無事な姿を見て安心しました。
安心したら涙が出てきました。

「ごめんね。心配掛けて……」
ルセット先生は そう言いながら そっと抱き締めてくださいました。

「西瀬忍、カリンさんから受け取ったよ」
西瀬忍をルセット先生の手に預けました。
ルセット先生は西瀬忍を撫でながら言われました。
「うん。まさか早速使わせることになるとは思わなかった。……カリンの仕事は完璧だ。タイミングまで」
「うん」
ルセット先生は それ以上は話さず、西瀬忍を私の手に返してくださいましたが、あとからメッセージが届きました。

<サラ。カリンを受け入れてくれてありがとう>
<……うん。カリンさんは、私にとっても大切なアウトサイド・パートナーだから>
ルセット先生は ちょっと驚いた顔をして私の方を見られましたが、何も言われませんでした。