スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラの日記231(ルセット先生が居ない構内の、どこを見て過ごせばいいんだろうって感じがする。)

銀菓神暦2015年11月23日

キャンパスにルセット先生が居ない週明け。
いつもルセット先生だけを見ていたわけではないと思うけど、
ルセット先生が居ない構内の、どこを見て過ごせばいいんだろうって思ってしまう。
カリンさんもそうだったのかな……なんて考えてしまう。
研究室での勉強を修了して、ルセット先生の居ない生活が始まって、どこを見て過ごせばいいのか分からなくて、不安で、心細くて、あの日、訪ねて来たのかもしれない。

ルセット先生は気付いていないのかもしれないけれど、
カリンさんはルセット先生のアウトサイド・パートナーなんじゃないかと思う。
パートナーやセカンド・パートナーにはできないけれど、それでも何かの力で繋がってしまう人。
ルセット先生の波動に、カリンさんの波動が強い力で引き寄せられているのを感じる。
ひょっとしたら、過去に何かで繋がっていた人なのかもしれない。
カリンさんは抵抗してくれてる。ルセット先生と私を傷つけないために。
でも、どうしようもできなくて困っているのを感じる。

カリンさんは、研究室を修了して半年以上経った今でも、ルセット先生の居ない世界での生活を、手探りでさまよってる。

なんだか、カリンさんのことばかり考えてしまう1日だった。

夕方、ルセット先生からメッセージが届きました。
<サラ? 変ったことは無かった?>
<うん。大丈夫だったよ>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。