アロゼの休憩室22「陰のヒロイン、カリン?⇒ゆるーく」

今月は旧暦の神無月(神在月)です。
この物語の銀菓神さまも神在りの行事に参加されるらしく、ルセット先生が留守神の当番をされるようです。
カリンさんが(音色だけではなく、実体として)登場しそうな気配もするし、何かが起こりそうですね。

カリンさんのこと、たくさん書きたいんですけど、
『サラの日記220』の段階では まだ謎に満ちた人物ということになっているので、思う存分書けるのはもう少し先ですかねぇ……。
サラちゃんはもちろんこの物語の主人公なのですが、カリンさんは陰のヒロインと言うか……、ん、まあ、そんな役どころです。

『銀菓神使アロゼ』の執筆は、製菓を通した環境教育・科学教育及び場面緘黙児支援のための活動として始めたわけですが、
書き進めているうちに、
「なんだか違う方向へ進んで行っちゃってるんじゃないの?」
って感じになっているような気もします。

まあ、もしもそうなってしまったら、
「元場面緘黙児だった主婦がお話を書いてみたらこんなのができました」
みたいなことでもいいかな……と、ゆるーく構えていたりしますので、
ゆるーく読んでみてくださいな、ってことで (^^;)