スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラの日記210(ルセット先生には、私のほかにもう1人、意識体で交信できる相手がいる。)

銀菓神暦2015年11月2日

見てはいけないものを見てしまったような気がしました。
知ってはいけないものを知ってしまったような気がしました。

ルセット先生には、私のほかにもう1人、意識体で交信できる相手がいる。
銀菓神使の波動とは違う、特殊な波動を持っている人。
ルセット先生のことを、魂(たましい)全てで慕って(したって)いる。
……女性。

ルセット先生と彼女が交信している波動の欠片(かけら)を、
偶然受けてしまいました。

アグルムの聖石(ひじりいし)が伝えてくれます。
――大丈夫。パートナーは貴女(あなた)だけ。彼女は、私たちとは異なる世界に生きる人――

彼女の波動は、
苦しくて、
哀しくて、
夜の嵐のように激しい。
なのに、こんなにも温かいのはなぜ?

それに、
ゾエさんを思う気持ちとは違うルセット先生を感じる。
私の知らないルセット先生が居る。

今すがれるのは、
大丈夫だと伝えてくれる、アグルムの聖石だけ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。