スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラの日記161(彼女は誰? どうしてルセット先生の意識に彼女が見えるの?)

銀菓神暦2015年9月14日

昨日、ルセット先生がプラクミーヌから戻られてから、なんだか様子がおかしいんです。
自分からはプラクミーヌであったことを何も話されないし、たずねても生返事ばかりで。
この間は、プラクミーヌに行けたことを あんなに喜んでいらっしゃったのに。
何があったのか、ルセット先生の意識を読んでみようとしたけれど、ブロックされているようで、うまく読めませんでした。
だから、昨夜、ルセット先生が眠られている間に意識を読んでみました。
やっぱりブロックが掛かっていたけれど、起きていらっしゃる時よりは弱くて、ぼんやり何かが見えました。

人?
女の人?

もう少し しっかり読もうとしたら、見えてはいけないものが……。
んー、見えてもいいんだけど、見ない方がよかったのかもしれなかったものが……。
人が。
見えてしまいました。
私が実家の工房の窓から見た、あの、栗色の髪の女の子と同じ人。

彼女は誰?
どうしてルセット先生の意識に彼女が見えるの?
プラクミーヌに行ってたんじゃないの?
どこに行って、どこで彼女と会ってたの?

これ以上は読まない方がいいような気がして、
これ以上は聞かない方がいいような気がして、
今日1日、このことは心の隅っこに小さく丸めていました。

だけど、
もしかしたら、
ルセット先生は、そんな私の意識を全部読んでる?
なのに何も話してくれない?
それとも……、
ルセット先生には読めないほどにブロックできてる?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。