アロゼの休憩室16「アグルムの聖石(ひじりいし)⇒そして陰陽師」

今日は、アグルムの聖石について、少し書いてみることにします。

モデルになった石は、ダイヤモンドの原石とシトリンの原石です。
現実にはあり得ない話ですが、
この、ダイヤモンドの原石とシトリンの原石を足して2で割ったみたいなのを、アグルムの聖石のモデルにしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それと……、
ちらっ、ちらっ、と それっぽい匂いを織り込んできたので、
『サラの日記』をここまで読んでいただいた方の中には、そろそろお気付きの方がいらっしゃるかもしれませんが、
「銀菓神使」は異次元のお菓子の世界の陰陽師です。

私たちの世界の歴史の資料によると、陰陽師は公務員だったそうですが、
サラちゃんたちの世界の銀菓神使も、「銀菓神局」という公(おおやけ)の機関に所属する公務員です。

たまたま、タイムリーなことに、この記事がupされるのは、某放送局のドラマスペシャル『陰陽師』の放送中ですね。
どさくさにまぎれて、今日は銀菓神使という職業の位置付けも書いてみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

陰陽師の話が出たついでに……。

元気に人生を歩いて行くためなら、
神頼みでも、石頼みでも、占いでも、風水でも、なんでもアリでいいんじゃない?
そのために、普段は できるだけ どこの型にもはまっていたくない。
というのが私の考えです。