アロゼの休憩室73「残すことろあと2話となりました。」

2015年4月7日より二年間に渡って書き続けてきた
『銀菓神使アロゼ~アロゼ誕生前の物語~サラの日記』
の連載も、残すところあと2話となりました。

長期間の応援、ありがとうございました。
(残り2話もよろしくお願いします。)

ルセット先生が火星勤務のために星間移動用鳥居をくぐって数日経ちましたが、
これまでの二年間ルセット先生に頼り切りだったサラちゃんの精神が完全復活するには、
多分、残り2話では難しいと思うんです。

また、サラちゃんが今回のことを乗り越えた頃に、その後のお話を、
『銀菓神使アロゼ 本編』として書きたいと思っています。

連載終了後のここのスペース、
そのままにしておくのはさびしいので、思い付きで時々何かを書きに来るかもしれません。
もしよかったら、思い付きで時々覗きに来てくださいね。

あ、こんなことを書くと、これで最後のような雰囲気になってしまいますが、
あと2話ありますからね。
どうぞ最後までお付き合いください。

アロゼの休憩室72「春休みを迎えました。」

サラちゃんたちの世界でもそうですが、
我が家も春休みを迎えました。
娘の春休みにあわせ、私もパートの仕事のお休みをいただいたのですが、
やりたいこと、やらないといけないことがたくさんたまっていて、
あっという間に過ぎてしまいそうな予感がしています。

ただいま、落花生を楽しむ、とあるグッズを作成中。
完成まで今しばらくお待ちください。

アロゼの休憩室71「つわり⇒世のお母さんたちは」

サラちゃん、つわりが始まってしまったようです。

思い出します、自分の時を。
もう、かれこれ10年ほど前のことになりましたが……。
赤ちゃんが自分のお腹の中に居るというのはとても嬉しいことだったけれど、
つわりの数週間は一日一日をやり過ごすのに必死でした。
私の場合は、なぜかミカンの缶詰だけは食べることができて、
本当は飲まない方がいいと分かってはいるのですが、
水分もミカンの缶詰のシロップからしか摂ることができなくて、
毎日ミカンの缶詰のシロップを飲み、
ミカンの缶詰で命をつなぎました。

いやホントに、笑い話のような話ですが、
水の匂いがダメで、
洗顔や歯磨きはものすごく頑張って毎日していましたが、
入浴は2週間に一度の間隔で、やっとで入っていました。

あ、チョコレートの匂いは大丈夫でした。
食べると変な味に感じるのですが、
チョコレートの匂いを嗅いでいると、普通に無臭の空気を吸うよりも呼吸が楽なので、
袋入りチョコレートの袋の中に顔を突っ込んで息を吸っていました。
決してあやしいことをしているわけではないのですが、あやしい姿ですよね(^_^;)

頑張りましたよ。
世のお母さんたちは、こうやって人類の歴史をつないできたんだ! って自分を励ましながらね。

アロゼの休憩室70「700番台突入!」

『銀菓神使アロゼ~アロゼ誕生前の物語~サラの日記』は今日から700番台突入です。
サラちゃんは研究生の立場から講師の立場へ、
そして母の立場へと成長していきます。

この物語の連載はあと数週間で終了とさせていただくのですが、
当初の活動趣旨であった、「製菓を通した環境教育・科学教育及び場面緘黙児支援のための活動」が思うようにできずじまいで、色々と心残りがあるのが正直なところです。
そこで、連載終了後もこの場を利用して、折々に何かをお届けできればな……と考えているところです。

そのほか、楽しいこと工房の活動として、ちょっとしたグッズ製作を予定しております。
こちらの方は準備が整い次第お知らせさせていただきますので、どうぞお楽しみに(*^-^*)

アロゼの休憩室69「ルセット先生流のサラちゃんの守り方」

ルセット先生とサラちゃんの間に新しい命が芽生えたようです。
多分これがルセット先生流のサラちゃんの守り方なのでしょう。
それぞれの旅立ちまであと一か月余りとなりました。
『…~アロゼ誕生前の物語~…』では旅立ちの前までのお話となりますが、
機会を作って、旅立ちのその後の描いてみたいなと思っています。

アロゼの休憩室68「楽しいこと工房の未来予想図」

2014年6月に「宇宙製菓学研究室」として始まった現在の「楽しいこと工房」。
色んな壁にぶつかって、それでも何とか続けてみようとした上での形です。
でも、やっぱりお菓子を続けたかったっていう気持ちはいつもどこかに転がっていて、
なんだか悶々としていました。

お菓子屋さん始めます!
今すぐではないけれど。
で、「楽しいこと工房」を、そのお菓子屋さんの出版部に位置づけようと計画しています。

実現できるかもしれないし、できないかもしれない。
でも、「実現したい!」という方向に向かって歩いてみようと思います。

お菓子屋さんと言っても色々あるわけですが、
まあ、今ここで発言してしまうと色々問題が起こりそうなので、その辺りはぼんやりさせますが、
一点集中型で考えています。

真っ直ぐお菓子屋さんにはなれなくて、
その時々の状況に応じて形を変えての活動になるかもしれませんが、
最終目的地は一点集中型のお菓子屋さんです。

アロゼの休憩室67「桜はらはら(予告)」

さて、ここまで『銀菓神使アロゼ~アロゼ誕生前の物語~サラの日記』にお付き合いいただいた皆様にはそろそろお分かりのことだと思いますが、
これまでサラちゃんの目には穏やかに穏やかに映っていたルセット先生は、
実はかなり激しい気性の持ち主だったのです。
でも、ただわがままに激しいわけではありません。
全てはサラちゃんを護るために。
今後の『銀菓神使アロゼ~アロゼ誕生前の物語~サラの日記』もどうぞお楽しみに(^^)/

そして、
桜の季節前にはYouTubeで公開予定の横笛の新曲、「桜はらはら」。
興味のある方はこちらの応援もよろしくお願いしま~す!(^^)!


sakuraharahara

アロゼの休憩室66「ルセット先生が火星に派遣される日」

ルセット先生が火星に派遣される日が、少しずつ少しずつ近付いています。
サラちゃんは、ルセット先生が黙って行ってしまうのではないかと、とっても神経質になっているようです。
ルセット先生はそのことを周りに悟られないように、サラちゃんにわざと淡々と接する作戦を取ったようですが、
そのことが返ってサラちゃんの心配を大きくしてしまっているようです。

残すところあと二ヶ月余りの連載となった『銀菓神使アロゼ~アロゼ誕生前の物語~サラの日記』ですが、
よろしければぜひ最後までお付き合いください(^-^)

「Peanuts Orchestra」シリーズは第3巻を制作中です。
発売は4月頃を予定しております(多少前後する可能性アリ)。
こちらの方もどうぞお楽しみに(#^.^#)

アロゼの休憩室65「大寒波で雪の降り積もる中でのとんどでした」

こんばんは、アロゼの休憩室です。
サラちゃんたちの商店街でもそうだったようですが、
今日、私の住んでいる地域でもとんど祭りが行われました。
大寒波で雪の降り積もる中でのとんどでしたが、子どもたちは楽しく遊べたようです。

この降積雪を伴う大寒波は明日も続くようで、事故など心配ですが、
皆さまどうぞお気をつけてお過ごしください。

アロゼの休憩室64「あけましておめでとうございます」

あけましておめでとうございます
昨年はあたたかい応援ありがとうございました
本年もどうぞよろしくお願いいたします

今年は春に『銀菓神使アロゼ~アロゼ誕生前の物語~サラの日記』が完結、
同じく春に『Peanuts Orchestra シリーズ3 笛師のホーリーさん』を出版、
夏~秋に『Peanuts Orchestra シリーズ4 コリンちゃんの入団テスト』
冬に『Peanuts Orchestra シリーズ5 精なるものが生まれる処』の出版を予定しております。

どうぞお楽しみにヽ(^o^)丿

また、
Facebook の方には日々の活動の様子を随時upしています。
どうぞご覧ください。

アロゼの休憩室63「衝撃の告白」

本日の「サラの日記630」では、ルセット先生から、ついに衝撃の告白がありました。
これからラストまでの約3か月間、サラちゃんを取り巻く環境がどんどん変化していきます。
ついて来てくださいね!(^^)!

そして、『Peanuts Orchestra シリーズ2 カンド・ナッツ・ホールのひみつ』
(ISBN978-4-908858-02-4)
は好評発売中です!
巻が進むにつれ、<ほっこりSF絵童話>へと、少しずつ、その全容が明らかになっていく(はずの)シリーズです。
応援よろしくお願いいたします。

アロゼの休憩室62「楽しいこと工房の絵童話 第二弾!! 発売中です(*^-^*)」

楽しいこと工房の絵童話 第二弾!!
発売中です(*^-^*)

http://tanoshiikotokoubou.web.fc2.com/

2016年12月15日発売 
『Peanuts Orchestra シリーズ 2 カンド・ナッツ・ホールのひみつ』(文・絵 高橋倫子)
(ISBN978-4-908858-02-4 C0793)

カンド・ナッツ・ホールにはひみつがあった!?
今回から背表紙にちょっとした仕掛けが。どんな仕掛けなのかは手に取った人だけのお楽しみ♡
(小学校中級~一般、A5判ソフトカバー、オンデマンド、30頁、定価1,000円+税、日本国内送料無料)

ぜひホームページをご覧くださいヽ(^o^)丿

アロゼの休憩室61「明日は<楽しいこと工房>1周年です!」

『Peanuts Orchestra シリーズ2 カンド・ナッツ・ホールのひみつ』の発売日、2016年12月15日(木)が近付いてきました。
その前に、おかげさまで明日は<楽しいこと工房>1周年です!
先日、フェイスブックの方に2周年に向けての目標を書いたのですが、
来年の今頃には第五巻刊行の目処が立っていることが目標です。
ラインナップが5作になれば、少しは格好がついているかな……という思いもあったりしています。

「Peanuts Orchestra」シリーズ
第一巻 篠笛のカリンさん―篠笛との出合い―(2016.6.30既刊)
第二巻 カンド・ナッツ・ホールのひみつ(2016.12.15刊行予定)
第三巻 笛師のホーリーさん(仮)(2017春~夏 刊行予定)
第四巻 コリンちゃんの入団テスト(仮)(2017夏~秋 刊行予定)
第五巻 精なる粒の生まれる処(仮)(2017冬 刊行予定)

『銀菓神使アロゼ~アロゼ誕生前の物語~サラの日記』の方も、少しずつ、それぞれの旅立ちの準備が進んできました。
2017年3月下旬で一応の完結になる予定です。
その後、ブログ版でお届けしたものを書籍化したり、『銀菓神使アロゼ』の本編を始める予定なのですが、いつ頃の刊行になるのかは未定です。

もともとたくましい方ではある(我が子談)想像力をより一層ムキムキと鍛え、皆さまにほっこり楽しんでいただけるような作品づくりをしていきたいと考えています。
今後とも応援よろしくお願いいたします。

アロゼの休憩室60「Peanuts Orchestra 第二巻の脱稿&入稿が完了しました」

楽しいこと工房のフェイスブック
     ↓
https://www.facebook.com/tanoshiikotokoubou/posts/1845796158986772

本日、めでたく『Peanuts Orchestra シリーズ2  カンド・ナッツ・ホールのひみつ』の脱稿&入稿が完了しました。
これからの約20日間は、印刷&製本が上がるのを待ちながら、楽しいこと工房のホームページを第二巻発売モードにいじる作業です。

もちろん、『銀菓神使アロゼ~アロゼ誕生前の物語~サラの日記』の方も、どんどんお話を進めていきますよ~ヽ(^o^)丿
最近、ルセット先生の様子が謎めいています。

アロゼの休憩室59「『Peanuts Orchestra シリーズ2 カンド・ナッツ・ホールのひみつ』は 2016年12月15日ごろの発売予定です」

さて、最近のアロゼの休憩室はずっとこの話題なんですけど、
絵物語『Peanuts Orchestra シリーズ2 カンド・ナッツ・ホールのひみつ』は
2016年12月15日ごろの発売予定で制作が進んでおります。
http://tanoshiikotokoubou.web.fc2.com/

6月に第一巻を刊行した時とは違って、今回は主婦+バイト生活との兼業。
入稿しなければならない日まであと2週間。
果たして間に合うのでしょうか(^^;)
でも、忙しくてできない……と予定を延ばしていたら、結局いつまでたってもできないですからね。
がんばりますよ~!(^^)!
今置かれている状況と仲良くしながら。
入稿日に間に合うことを願っていてください^m^

アロゼの休憩室58「表紙のイラストを特別公開!」

表紙用イラスト2ただいま『Peanuts Orchestraシリーズ2 カンド・ナッツ・ホールのひみつ』を制作中です(*^-^*)

←本日は表紙のイラストを特別公開!

さて、ここはどこなのでしょう。
そして、ここからどんな物語が……。

どうぞお楽しみに!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『銀菓神使アロゼ~アロゼ誕生前の物語~サラの日記』では、
少しずつ自分の足で前に進み始めたサラちゃんのお話を展開中。
こちらもぜひ応援してくださいねヽ(^o^)丿

アロゼの休憩室57「『カンド・ナッツ・ホールのひみつ』の発売日は2016年12月15日ごろです」

絵本『Peanuts Orchestra シリーズ 2 カンド・ナッツ・ホールのひみつ』の発売日が2016年12月15日ごろに決まりました。
現在、家事・育児・アルバイトの合間を縫って、コツコツと制作中です。
今回のお話は、タイトルの通り、「カンドナッツホールのひみつ」についてです。
どんな「ひみつ」なのかはまだ言えません(´艸`*)
が、ほっこり わくわく してもらえるような作品を目指して書(描)いています。
どうぞお楽しみに!

そしてもう一つ。
こちらは年明け以降の予定ですが、面白グッズの制作も予定しています。
まだ仮の企画の段階なので、そのグッズが何であるのかは発表できませんが、
「何かなぁ~」って思いながら楽しみにしていてください(^-^)

アロゼの休憩室56「優先順位第一位」

朝の空気が冷たくなってきました。
秋ですね。

いつもなら、毎年秋はどこかしらの体調を崩しているのですが、
今年は、時々栄養ドリンクのお世話になってはいますが、
体調を崩している暇が無いぐらい忙しくしています。

なのに、こんなに忙しい時に限って、やりたいことは次から次へと増えていくのです。

学生時代、試験勉強をしなければいけない時に限って、次から次へとやりたいことが浮かんで仕方のなかった私ですが、
大人になっても変わっていませんでした(^^;)

「Peanuts Orchestra シリーズ2」の執筆を優先順位第一位に引き戻そうと頑張っている今日この頃です。

アロゼの休憩室55「辛うじて続いていますよ~」

はい!
タイトルの通りでございます。
ただいま更新予定時刻の約30分前。
ギリギリでございます(^^;)

昔、連続テレビドラマの収録が間に合わなくて生放送だったことがあるっていう話を聞いたことがありますが、
私もほとんど それ状態です。

今日は早朝からなんやかんやあって疲労困憊で、
「ちょっと寝てから……」と思って横になってしまったのです。
で、起きたらこの時間。

でも!
あと180日ほどなのに、これまで550日続けてきた毎日連載をここでお休みしてしまったら、折角ここまで積み上げてきたものが台無しになってしまいます。
辛うじてでも何でもいいから、続けますよ~。

て言うか、前もって数話先まで書いとけよ……という話ですね^_^;

アロゼの休憩室54「忙しくしています」

アルバイトは10月半ばまでにして、そのあとはピーナッツオーケストラシリーズ2の執筆に集中しようと思っていたのですが、
なんだかんだで年末までアルバイトすることになりました。
なので、ただいま二足のわらじ状態です(^-^;
でも、やりたくてやっていることなので頑張りますよ!
もちろん身体には十分気を付けます!(^^)!
寝込んでロスしている時間は無いのでね(^^;)

もう1つ、YouTubeに冒頭部分だけUPしている「カリンのテーマ」という曲を、12月中にはフルヴァージョンに仕上げたいなと思っています。
こちらはピーナッツオーケストラシリーズ2の進度に余裕ができそうだったらということになりますが……。

さて、急に忙しくなっちゃった私、どうなるかな?

アロゼの休憩室53「私の身体を使って記録していっているという感覚」

「サラの日記530」では、ルセット先生とサラちゃんが、それぞれ別の場所に居ながら、意識体での交信という手段で合奏するということを書いてみました。
これは私が用意していた展開ではなくて、ルセット先生とサラちゃんが自分たちで動いてくれたことによる展開です。
ルセット先生やサラちゃんたちが私に伝えてくれる物語を、私の身体を使って記録していっているという感覚です。
なので、これからどんなお話が待っているのか、私自身も楽しみにしているところです。

そうそう。
少し前にここにも書いていたアルバイトに行き始めました。
営業系で、人と話すこと必須の仕事です。
採用はしてもらえたけれど、実際にやってみるまでは不安でした。
でも、おしゃべりが得意かどうかということと営業系の仕事ができるかどうかということは違うんだってことが分かってきました。
確かに、おしゃべりが得意な人はお客様とたくさん おしゃべりをすることで仕事をどんどん獲得していっています。
でも、おしゃべりが苦手な私にも、それをよしとしてくれるお客様が、自分から私の方に仕事を持ってきてくださるのです。
ありがたいことに、必死につかんだお客様というのではなくて、自分から来てくださったお客様なので、キャンセル率はグンと低いです。
それぞれのやり方でいいんだってことが分かって、少し自信に繋がってきています。
思い切って一歩を踏み出してみて良かったなって思っているところです。

そんなことをしている中で、私の本業は「おはなしを書くこと」と「笛」でありたいという思いがしっかりと育ってきました。
約1か月間のアルバイト生活が終わったら、12月刊行予定の『Peanuts Orchestra シリーズ2 カンド・ナッツ・ホールのひみつ』の執筆に集中します。

アロゼの休憩室52「心⇒話す」

場面緘黙真っ只中だった頃に比べれば、普段の生活ではほとんどそれを意識することなく過ごせています。
でも、意識することなく過ごせているだけで、完全に治まっているわけではないってことを感じる瞬間があります。
だけど、しんどいことばかり考えていても余計にしんどくなるだけなので、「話せない」「動けない」ことを考えるのではなくて、「話せた」「動けた」を楽しむことにしています。
一番嬉しく感じる瞬間は、
心⇒一度頭の中で文章に置き換える⇒頭で置き換えた文章の通りに話す  ではなく、
心⇒話す  ができた時です。
例えば、何かにつまずいて転んだ時、一度頭の中で「痛いっ」って言おうと思わないと言えなかったことが、転んだ瞬間に「痛いっ」って言えること。ジェットコースターに乗って、「さあ、今このタイミングで『キャーッ』って叫ぼう」と思わないと叫べなかったのが、何も考えなくても「キャーッ」って叫べること。そういう瞬間が幸せだったりします。

さて、『サラの日記』の方は、私も予想していなかった展開になってきました。
最初は私が主導権を握っていたはずなのですが、今はもう、物語のキャラクターたちの動きに任せている状態です。
サラちゃん、自分の気持ちもまとまらないまま講師になっちゃうんでしょうか……。

アロゼの休憩室51「まだ子どもにご飯の炊き方も教えていないのに、万が一のことがあったらどうしよう」

8月も最終週になりました。
子どもたちの夏休みも終わりが近付いて来ました。

私、今年の春休みが終わってすぐに経験したんですが、
子どもの学校が始まって、一人の時間が増えて、寂しくなって、
急に胸がキューっと苦しくなって、動悸が頻繁に起こるようになって、
「まだ子どもにご飯の炊き方も教えていないのに、万が一のことがあったらどうしよう」
なんてことがありました。
家に誰か居る時は安定しているので、精神的なものなのだろうな…とすぐに察しはつきました。

で、今回もそうなるんじゃないかと心配で、怖くて、
外に、一か月程度の短期のアルバイトに出てみることにしました。
で、今日採用が決まったんです。

アルバイトの期間が終わる頃には、子どもの学校のPTA行事で忙しくなる予定が入っているので、ちょうどいいはずの計画になっています。
さて、どうなることやら(#^.^#)

アロゼの休憩室49「夏休みも約半分が過ぎました。」

夏休みも約半分が過ぎました。
二年間の連載で一区切りの予定の『サラの日記』の方も、起承転結の「結」の部分を迎えようとしています。
が、思い出して欲しいのは、『サラの日記』は ~アロゼ誕生前の物語~ だということです。
今書いているのは、始まるための物語だということです。
『銀菓神使アロゼ』本編がどんな物語になっていくのかを楽しみにしていただきながら、残り約半年の連載を楽しんでいただければと思っています。
これからも、応援、どうぞよろしくお願い致します。

アロゼの休憩室48「お話を読むことで色々な人の人生を疑似体験する」

先日、小学生の子供の個人懇談で、ふとしたきっかけから、私の子供時代の場面緘黙の話になりました。
私一人の力は塵(ちり)のように小さいのかもしれないけれど、直接お話しできたことで、気持ちがとても前向きになりました。

私、ぱっとした活動もできていないし、私がやってもやらなくても誰にも影響ないような気もするし、意味の無いことやってるのかなって思うことも度々ですが、
やっぱり、一歩ずつ、いや十分の一歩ずつでも、それ以下でも、自分にできるペースで続けていこうと思えました。

「銀菓神使アロゼ」シリーズのお話の中では、直接場面緘黙に関わるような内容はなかなか描けていませんが、私が子供時代に経験した、「お話を読むことで色々な人の人生を疑似体験する」ことができるような作品作りを目指していこうと思っています。

今後とも応援どうぞよろしくお願いします(^^)/

アロゼの休憩室47「『銀菓神伝説』の制作を始めました。」

今年も夏休みの季節がやってまいりました。
子どもたちは楽しみにしているようですが、ママさんパパさんたちは忙しさ倍増ですかね。

Facebookの方には少し書いたのですが、
楽しいこと工房の絵本第二弾、『銀菓神伝説』の制作を始めました。
https://www.facebook.com/tanoshiikotokoubou/posts/1781871278712594
12月に「Peanuts Orchestra」シリーズ2と同時刊行の予定です。
良かったら応援よろしくお願いしま~す(^^)/

アロゼの休憩室46「楽しいこと工房のホームページをイメチェンしました」

以前から「なんか違うなぁ~」とは思っていたのですが、
なんやかんやで手つかずだった<楽しいこと工房>のホームページを、やっとイメチェンしました。
『Peanuts Orchestra シリーズ1 篠笛のカリンさん ―篠笛との出合い―』(ISBN978-4-908858-01-7 C0793 文・絵 高橋倫子)の試し読みもできるので、良かったら覗いてみてください。

楽しいこと工房のホームページ
    ↓   ↓

http://tanoshiikotokoubou.web.fc2.com/

「Peanuts Orchestra」シリーズの今後の刊行予定ですが、
可能なら、12月に予定している『…カンド・ナッツ・ホールのひみつ』と、
もう1作の2作同時刊行にしたいな…と、無謀な希望を抱いております。
実際どうなるかは日程や予算によって変わってくるのですが…。

1作目は作者の自叙伝風なお話でスタートした「Peanuts Orchestra」シリーズ。
いよいよ2作目からが本当の「Peanuts Orchestra」の始まりです。
どうぞお楽しみに(^^)/

ホームページ

アロゼの休憩室45「明日は 発売&試し読み の開始です!」

明日、6月30日は、楽しいこと工房初の絵本、
『Peanuts Orchestra シリーズ1 篠笛のカリンさん ―篠笛との出合い―』の発売&試し読み開始日です。
ホームページ(http://tanoshiikotokoubou.web.fc2.com/)は明日の午前中に「発売&試し読み モード」に更新します。
お話って、読んでもらってナンボなので、試し読みだけのご利用、大歓迎です。
「Peanuts Orchestra」シリーズは、年間2、3作のペースで、最低50作は書(描)こうと思っているので、どんどん試し読みしていただいて、もしも手元に置いておきたいお話に出合った時に、本も購入していただけたら嬉しいな・・・と考えています。
どうぞよろしくお願いいたします。

アロゼの休憩室44「音の無い音楽活動」

最近力を入れている「Peanuts Orchestra」シリーズですが、
一作目の発売もまだなのに、次が描きたくて書きたくて、早速二作目の制作に取り掛かりつつあります(;^ω^)
近日公開予定(ただいま準備中)の、一作目の試し読みのコーナーに、二作目についてのお知らせを入れていますので、
興味のある方はぜひご覧ください。

「Peanuts Orchestra」シリーズでやりたいこと、色々あるんですけど、
一番のテーマは、音の無い音楽活動・・・かなぁ。
どうしてそうなのかは、一作目を読んでいただくと分かってもらえるのではないかと思います。
絵本という音の無い世界で音楽活動をしてみたいなぁ・・・と思っています。
「Peanuts Orchestra」シリーズは、私にとって、「やっと私の居場所が見付かった」的な場所です。
年間2、3作のペースになると思いますが、おばあちゃんになっても、書ける限り書き続けて、
最低50作は作りたいなぁ・・・なんて思ったりしています。
どんなことが、どれだけのことができるのか、今からとっても楽しみです。

アロゼの休憩室43「『篠笛のカリンさん ―篠笛との出合い―』脱稿です」

先日、『篠笛のカリンさん ―篠笛との出合い―』を脱稿&入稿しました。

書いて(描いて)いて、「伝えるってなんだろう・・・」ということを考えるようになりました。

一般的な視力と一般的な色覚を持った人にはどう伝わるか。
視力や色覚に個性を持った人にはどう伝わるか。
人からの音読で本を楽しんでいる人にはどう伝わるか。

このことは、私が『銀菓神使アロゼ』を書き始める動機のひとつとなった、
「発語」という伝える手段にハンディを持った、場面緘黙のことにもつながってきます。

「伝えるってなんだろう・・・」をテーマに、二作目『篠笛のカリンさん ―カリンさんの日常―(仮)』の準備に取り掛かりつつあるのでした。

『篠笛のカリンさん ―篠笛との出合い―』の試し読みや購入方法については現在準備中です。
発表まで今しばらくお待ちください。

アロゼの休憩室42「光の笛と闇の笛」

楽しいこと工房初の絵本、
『Peanuts Orchestra シリーズ1 篠笛のカリンさん ――篠笛との出合い――』
の制作は大詰めを迎えています。
https://www.facebook.com/tanoshiikotokoubou/

さて、最近のサラちゃんの様子から察するに、これからの数話では、『サラの日記』の方のカリンさんも活躍してくれそうです。
テーマは「光の笛と闇の笛」です。
漆塗り(うるしぬり)の技法のひとつである「曙塗(あけぼのぬり)」と「根来塗(ねごろぬり)」のイメージから生まれた物語です。
黒漆の下から朱漆が覗く曙塗の笛を「光の笛」、
朱漆の下から黒漆が覗く根来塗の笛を「闇の笛」として物語は進んでいきます。

どうぞお楽しみに(^^)/

ちなみに、私が愛用している笛は曙塗です。
「光の笛」……ですね(^_^)

アロゼの休憩室41「『篠笛のカリンさん』制作中!」

表題の通りでございます。
連日頑張っております。

当初、コピー本で手作りのハードカバーを予定していたのですが、
材料費が予想外にかさむことが分かり、印刷・製本を外注することにしました。
すると、イラストを印刷向きのカラーや解像度に手直ししなければならないという問題が発生。
ここ1週間ほどはそんな作業に追われていました。
問題は解決し、制作の進度も予定していたものに追い付きつつあります。

ピーナッツ・オーケストラ シリーズの絵本は、小学校中級から一般向けの内容で、
「プロの世界とは別次元で音楽をすること」に興味・関心のある方に楽しんでいただける内容になっているかな……という感じです。
第一作の『篠笛のカリンさん』は、その序章にあたるお話になっています。

アロゼの休憩室40「Peanuts Orchestra シリーズ初の絵本執筆中!」

ゴールデンウィークも終わり、またいつもの生活が戻って来ました。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

楽しいこと工房関係の色んなところでお知らせしているのですが、
当方は、ただいま、Peanuts Orchestra シリーズ初の絵本、『篠笛のカリンさん~篠笛との出合い~』を執筆中です。
『銀菓神使アロゼ』とはガラッと雰囲気の違う、コロコロした可愛いピーナッツたちのお話です。

今回の『篠笛のカリンさん~篠笛との出合い~』では、
カリンさんの子供時代から現在までの笛人生をベースに、なぜカリンさん愛用の篠笛が一般的な篠笛ではないのかや、カリンさんがPeanuts Orchestra入団への切符をどのようにして手に入れたのかを描いています。
著者の実体験とフィクションをミキシングしたお話になっています。
(6月30日発行、A5判ソフトカバー、30頁、定価1,000円+消費税 の予定です。)

インターネット上で見ていただけるサンプルを製作予定です。
できあがり次第お知らせいたします。
興味・関心を持っていただけるようでしたら、ぜひ応援よろしくお願いいたします。

アロゼの休憩室39「ゴールデンウィークです。」

ゴールデンウィークです。
我が家はこの時期、家庭訪問用の片付けや掃除でてんてこまいです。
年末の大掃除は寒いのでせず、家庭訪問用の掃除が年に一度の大掃除になっています。
毎年、片付けや掃除が終わったあと、「今年は1年間これを保とう!」と思うのですが、
保たれたことは一度もありません(;^ω^)

先日、変な夢を見ました。
藁(わら)まみれになっているプラグをコンセントに差し込んだら感電した夢です。
ビリっ!!!っとなって目が覚めました。
現実だったら死んでます。
なんだったんだろう……。

『サラの日記』では、陰陽五行の技についての難しいお話が続いていますが、
分かれば面白い話だと思うので、良ければしばらくお付き合いください。
え? 分からないし、面白くもない?
では、いつ面白くなるのかを監視していてください(^_-)-☆

アロゼの休憩室38「この物語の世界観を保てる程度に希釈したものではありますが、」

このたび熊本県熊本地方を震源とする地震で被災されたみなさまへ、心からお見舞い申し上げます。

2016年4月16日(土)未明の地震では、私の住んでいる広島県南部でも、「怖い」と感じるぐらいの揺れを感じました。
急遽『サラの日記』にも、この物語の世界観を保てる程度に希釈したものではありますが、
実際の時事に沿ったお話を取り入れることにしました。

磁場が乱れた状態の鳥居をくぐったことによって銀菓神使の力を使えなくなってしまったルセット先生と、
そんなルセット先生を護ろうとするサラちゃんのお話が始まります。